決定版!バイト選びと面接対策!

バイト面接突破までの道のり

働きたいバイトを見つけたら良い職場かどうかを見極める

良い職場の選び方

大学生になってバイトを始めようと考えていても、様々な不安を感じて、中々踏み出せないかもしれません。「ブラックバイト」の話題が世間を賑わせるなど、良いバイト先とは何かを知らずに、時給や待遇のうたい文句に惹かれて安易に選ぶと、思わぬ落とし穴が待っている危険もあるのです。

情報収集

今はインターネットの時代であり、知りたいと思えば、色々な情報が簡単に手に入ります。そのためバイト先を探す場合にも、情報が鍵になります。不況による業績悪化などの構造的な変化により、企業側は正社員を減らして、バイトや派遣社員を採用し、人件費を減らそうとしています。その一方でより積極的に、大学卒業後の企業への就職を見越した上でのバイト採用もあります。このようにバイトを募集する企業が増えており、その業種も広がっているのであり、またバイトにも保険加入や昇給を認める反面、一定の責任を負わせるなど、企業側の提示する条件も様々です。中には安く使い捨てにしようという企業もあるため、同じ業種であっても、求人条件を比較検討して、できるだけ良い条件を選ぶ手間を惜しんではなりません。
情報の収集には、インターネット上の求人サイトの他、ハローワークなども求人情報を公開しているため、検索条件を入力して、自分の希望する業種がどのようなバイトを募集しているのか見てみましょう。また地域のフリーペーパーに、掲載されている場合もあります。なお注意して定期的に見ていると、同じ会社が毎月のように求人情報を流している場合があります。業務拡大で人手が足りないのかもしれませんが、採用が決まってもすぐに辞めてしまうために人が長続きしない、いわゆるブラックバイトの場合もあるため、注意が必要です。

電話やメールの対応

さて具体的に応募先を絞ることができたら、求人情報にある連絡方法に従って、電話やメール、あるいはハローワークの紹介を受けることなどにより、実際に応募してみましょう。電話やメールで直接担当者と話したり、やり取りをすることができる場合には、その応対が丁寧で的確で迅速なものであるか、すなわち好意的な印象を受けられるかどうかも、その企業の姿勢を知る上で重要なポイントになります。

面接の約束

応募することによって、相手企業からの次の反応を待つことになりますが、すぐに面接の約束をしてくれたり、業務内容などを説明してくれるなど、企業側が積極的に動く場合には、それだけバイトを真剣に求めているということが分かります。その反面、電話やメールで連絡をしても、中々面接の約束をしてくれなかったり、書類を送っても何の反応もないままの場合には、期待薄といえます。

良い職場の選び方