決定版!バイト選びと面接対策!

バイト面接突破までの道のり

バイト面接で守るべきマナーとは

守るべきマナーとは

バイトの応募とはいえ、面接を受けるとなると、誰しも慣れない緊張を覚えるものです。まずは面接当日の流れを押さえておき、身だしなみや当日持参する書類などを点検して、心に余裕を持つことが大切です。

面接当日までの準備

まず面接当日に履歴書を持参する場合には、折れたり汚れたりしないよう、クリアファイルに入れ、履歴書に日付を記入してあるか、もう一度チェックしておきましょう。また履歴書以外に特に指示がなくても、ボールペンなど筆記具とメモを持参しましょう。また採用担当者の連絡先も、忘れずメモしておきます。そして面接会場までのルートと時間を、よく確認しておきましょう。特に電車の乗換えや乗継ぎなど、慣れない駅や土地では、迷ったり間違えてしまうこともあります。また面接会場が高層ビルの中にある場合、エレベーターが混み合って、思わぬ時間を食うこともあるのです。そのため面接時間の10分前には、受付を済ませられるように、時間には十分な余裕を持って行動しましょう。
あまりに早く着いた場合には、採用側の準備などもあるため、どこか外で時間を調節する方が良いでしょう。そして仮に電車の遅延や事故など、やむを得ず面接時間に遅れそうな場合には、早めに担当者に連絡を入れましょう。なお遅刻は厳禁であり、それだけで不採用になるものと覚悟しましょう。

面接当日

さて面接当日、面接会場に到着したら、入る前に携帯電話の電源を切り、身だしなみを整えます。そして受付で、バイトの面接を受けに来たことを伝えて、名前を名乗り、相手の指示に従います。部屋に通された場合には、ドアを2回ノックして、「失礼します」と声を掛けてから、入室します。基本的には出入口に近い席が下座にあたるので、特に指示がなければ下座に座り、履歴書を入れたクリアファイルを、机の上に出して置きます。面接官が現れたら、声を掛けられるのを待たずに、すぐ立ち上がって自分から挨拶しましょう。着席を指示されてから座り、履歴書をクリアファイルから出して、相手が読みやすいよう差し出します。
後は面接官からの指示や質問に応じて、言葉遣いに気を付けながら、会話を進めます。あまり堅苦しくなり過ぎないよう、その場の雰囲気に応じて敬語を使い分けましょう。面接が終了したら、「ありがとうございました」と一礼してから席を立ちます。そして荷物をまとめ、もう一度「有難うございました。失礼します。」と一礼して退室します。

「就活コーチ」

このような面接におけるマナーは、今後の就職活動にもつながるものです。そのため就職活動も見据えて面接のマナーを覚えるためには、「就活コーチ」のようなサイトを利用することも効果的です。

就活コーチでは面接対策について特に詳しく記載しているので不安が残る方にもオススメです。

別ウィンドウで表示

就活コーチ

守るべきマナーとは