決定版!バイト選びと面接対策!

バイト面接突破までの道のり

バイト面接で緊張しない方法は?

本番で緊張しないテクニック

バイトに限らず、新卒時でも転職時でも、面接が苦手で緊張してしまうという人は、少なくありません。バイトの場合には書類だけで採用されることもあるようですが、面接を避けて通れない場合には、覚悟を決めて向き合う他ありません。人前であがってしまう人へのアドバイスとして、昔から「人の頭をカボチャと思え」と言われることがありますが、カボチャやキャベツで上手くいくようであれば、苦労もしないでしょう。

緊張する原因を分析

例えば「面接の場では緊張する」と自分で分かっていても、なぜ緊張するのか、についてはあまり考えないものです。そこで敢えて、「なぜ自分は面接の場で緊張するのか」を考えてみましょう。原因が分かれば、対策を立てやすくなります。逆に原因が漠然としたままであれば、その記憶や苦手意識だけがどんどん大きくなってしまい、克服することができません。もしも準備不足から、面接官に「あれを聞かれたらどうしよう」「上手く答えられなかったらどうしよう」などと、要らぬ不安を自ら煽っているために緊張するのであるならば、あらかじめ想定問答集を作成したり、何度も繰り返し言葉に出して練習すれば良いのです。
また初対面の人と会話をすると緊張するというのであれば、例えば大学で出会う初対面の人に、自分から積極的に話しかけるなどして、慣れることで克服できます。また場合によっては、面接そのものに慣れるために、本命以外にもいくつか面接を受けてみて、練習するということも効果的かもしれません。

自ら緊張を煽らない工夫

中には、面接で緊張する自分を意識し過ぎて、余計に緊張を高めてしまうという場合もあります。またどんな質問や状況であっても、スラスラと言葉が出てこなければならないと思い込んで、現実の自分とのギャップに焦って自滅するという場合もあるでしょう。また考えないようにしようとすると、逆に考えてしまうのが人の常であるために、結果として肝心の場面では、緊張でがんじがらめになってしまうということもあるのです。
このような場合には、本番の面接でも練習の場だと思い込む、あるいはお守りやおまじないで心を落ち着ける、好きな音楽を心の中で思い浮かべる、また面接の流れを事前に何度も何度もイメージトレーニングするなど、自分に合う方法を試してみましょう。

「ヒューマンアクティベーション」

昔から緊張すると声が出なくなったり、赤面したり、支離滅裂になって収拾がつかなくなるなどといった悩みを抱える人は、少なくありません。

「ヒューマンアクティベーション」では、「緊張から、面接で本来の自分が出せない学生」を対象に、「緊張対策講座」を実施しています。

別ウィンドウで表示

CTIジャパン

本番で緊張しないテクニック