決定版!バイト選びと面接対策!

バイト面接突破までの道のり

バイトの面接に受かるための履歴書用紙の選び方

用紙を選ぼう

バイトに応募するためには、まず履歴書の提出を求められます。履歴書は、様々な用紙が売られていますし、中身の書き方にも戸惑うかもしれません。まずは基本的な事項を押さえておきましょう。

市販の用紙とテンプレート

応募先からの指定が特に無いのであれば、履歴書の用紙は、一般に市販されているものでも、自作しても構いません。ただし、市販の用紙の場合には、新卒時用や、転職時用、そしてパート・バイト用などと、種類が豊富に出回っています。これは内容として記載する項目や、その分量を想定して、都合の良いようにスペースが配分されているためであるため、バイト用を選ぶと良いでしょう。
自作する場合にも、インターネット上のテンプレートを無料でダウンロードできるようなものもありますので、適宜利用すると良いでしょう。印刷する紙の質は、通常のコピー紙ではなく、OA対応の上質紙あるいは履歴書印刷用の用紙を選びましょう。最近は、A4あるいは、A3を二つ折りにするのが主流です。応募先企業が、応募書類をまとめてバインダーに綴じる都合から、B5あるいはB4の二つ折りを特に指定される場合もあります。いずれにせよ、両面印刷はNGです。

書きやすいものを選ぶ

履歴書は、何と言っても自分をアピールするためのものです。そのため市販の用紙にせよ、自作するにせよ、自分が書きやすく、またできるだけ空欄を作らずに済むものを選ぶことが大切です。自作のテンプレートで履歴書を作成した場合には、そのパソコンスキルをアピールするのも良いでしょうが、インターネット上からダウンロードしただけの場合には、面接官に自作かどうかを尋ねられたら、正直に「違います」と答えましょう。また悩ましいのが、履歴書を自書するかどうかです。今やオンラインで履歴書を送ることも増えていますし、バイトの応募では、それほど神経質になる必要はないかもしれません。しかしこのような時代であるからこそ、丁寧に自書された履歴書は、好印象を与えるものです。そこでこのような履歴書作成のコツが掲載されているサイトを紹介します。

「バイトカレッジ」

インターネット上には様々なバイト情報が掲載されています。中でも勤労学生のためのバイトが探せるサイトとして、「バイトカレッジ」が挙げられます。

バイトと学業との両立を目指す学生をサポートして、こだわりの条件から案件を検索できます。

別ウィンドウで表示

バイトカレッジ

また、バイトにまつわる様々な疑問に答えるコンテンツも充実しています。

「バイトーク」

次に「バイトーク」をご紹介します。

「バイトーク」を利用してバイト採用が決定すると、勤務を開始した場合に、お祝い金が貰えます。

別ウィンドウで表示

バイトーク

その他にもバイトを始めるにあたって、様々な疑問を解消できます。

用紙を選ぼう