決定版!バイト選びと面接対策!

バイト面接突破までの道のり

バイトの履歴書用証明写真をきれいに撮るコツ

証明写真を撮るコツ

バイト応募のためとはいえ、履歴書に貼る写真は、第一印象を決めてしまうため非常に重要です。採用担当者は、数ある応募書類の中から、最も印象の良い人を選ぶということを考えれば、証明写真にも気を使う必要があるでしょう。またそもそも履歴書に貼る写真には、基本的に大きさや背景や期限に、一定のルールがあります。

履歴書写真の基本ルール

まず履歴書に貼る写真は、大きさがタテ4cm・ヨコ3cmと決まっています。市販の履歴書であれば、あらかじめ写真を貼る位置と大きさを示してあるでしょう。スピード写真や町の写真館を利用する場合には、証明写真用を選びましょう。そして最近では白黒よりも、カラー写真が主流です。その際、背景の色も選べるようですが、これまで通りの白や薄いグレー、水色が無難です。服の色などとのバランスを注意しましょう。また写真を撮影する時には、無帽で、服装もスーツなど、あまり砕けた印象を与えないものにしましょう。
普段からメガネをかけている場合には、メガネ着用で、正面向きのカメラ目線が鉄則です。なおサングラス着用はNGです。更に提出日前3か月以内に撮影したものを使用するのが原則です。髪型が変わったり、顔が痩せるなど、外見に変化がある場合には、もう一度撮り直した方が良いでしょう。

スピード写真と写真館

駅前などにもスピード写真がよくあるため、急いでいる時には便利ですが、履歴書に貼る写真は、写真館で撮影してもらう方が良いでしょう。スピード写真よりもやや費用が高くなりますが、その分、表情や姿勢などを指示してくれたり、ニキビや顔色の修正をしてくれるなど、丁寧に応対してもらえるため、納得できる仕上がりになるでしょう。写真館で撮影したデータを保存しておいてもらえば、焼回しをする場合にも便利です。

身だしなみ

せっかく履歴書用に写真を撮影するのですから、どこに提出しても恥ずかしくないような、きちんとした服装で臨みましょう。落ち着いた色調の、シンプルかつベーシックな装いにし、目立つアクセサリーは外しましょう。肩や肌を露出するようなものはNGです。例えば男性の場合には、スーツ着用か、少なくとも襟とボタン付きのシャツを選びましょう。また女性の場合にも、スーツ着用、又はブラウスやシャツ、あるいはニットなどが良いでしょう。髪型も派手なものや奇抜なものはNGです。なお女性の場合には、ナチュラルメイクで、落ち着いた上品な印象を与えるようなものを心掛けましょう。

「フォプロ」

新宿・名古屋・大阪の他、日本全国に事業展開している写真館フォプロ(phopro)では、プロのカメラマンが撮影するため、様々なアドバイスを受けることができて、質の高い証明写真に仕上がります。

別ウィンドウで表示

フォプロ

証明写真を撮るコツ